お客さんへマスク着用の案内をするなら

新型コロナウイルスの感染を防止するためには、マスクはした方が良いです。
もちろん、手指消毒も大事ですし、ソーシャルディスタンスも大事ですが
飛沫感染を防ぐことを考える必要があります。

お店にお客さんが入店する際にはマスクをしてもらわないと
いけないのですが、それをどうやって伝えるべきかを考えてみませんか。

マスクの着用

店員が直接言うとなるとソーシャルディスタンスの問題もあるので、
他の方法にしましょう。

のぼり旗であれば、簡単にマスク着用の案内ができるのでとても便利です。
大きく書いておけば、よりわかりやすいはずです。

マスクのイラストや写真も掲載しておくことでより一層わかりやすくなります。
そうすれば、入店前にきちんとマスクをしておこうと意識してもらえるはずです。

店員を配置するのも良いですが、飛沫感染のことを考えると
できるだけ店員ではなくのぼり旗の力を借りた方が良いのかもしれません。

とても目立ちますし、これならかなり広範囲の人が見てくれます。

これがとても重要なことです。一本だけでも良いですし、
複数本作っておけばより一層広範囲の人が見ますので
何本製作すべきかまで考えた方が良いです。

感染を抑えるためにも活用しましょう。

大きいサイズでなくても十分効果的

店内にのぼり旗を置きたいことはありませんか。
お店の入り口にはあまり場所がないと言うことであれば、
大きいサイズにこだわる必要はありません。

確かに大きいサイズであれば、広範囲の人が見ますが
入店する人へ伝えたいことがあるのならば小さくても良いのではありませんか。

ミニサイズののぼり旗で呼びかけるのも良いかもしれません。
入り口のちょっとした場所に置いておくだけで良いので、
これなら店頭にあまり広い場所がなくても活用できます。

小さいと見てもらえないと思うかもしれませんが、目立つ内容にしたり
わかりやすい場所に置いておけば十分目立ちます。

むしろ、可愛いと思ってもらえるかもしれません。
のぼり旗は大きさも大事ですが、どこに置くのかや
内容によっても目立ちやすいかどうかが決まるので
大きくなくても構いません。

小さくてもお客さんが見て、マスクをしないといけないと思うのであれば十分です。

小さいですが、どのような内容にすべきかは
よく考えた方が良いです。

お店に溶け込みすぎず、お客さんに伝えたいことを
書いて伝えられるようにしましょう。

のぼり旗全般に言えることですが、ミニサイズで呼びかける時も
この点に気をつけてください。

ミニのぼりで呼びかける

コメントする