他社と差を付ける変形のぼり旗とは?

のぼり旗はあるいはお店や神社等で、色んな形で見かける機会が少なくありません。

ですが場合によっては、「通常のタイプののぼり旗では、物足りない」という事だったり
「お店の宣伝として用意しようとは思ったのだが、一般の物では雰囲気の問題で合わない」
という問題に当たってしまう事も出て来ます。

そんな時には、変形のぼり旗を使うという選択肢があります。
文字通り従来一般的に知られているのぼり旗とは違う形をしている事がポイントで、
具体的にはアール型とホームベース型と逆山型の3種類がその内訳として有名です。

特殊な形ののぼり

旗の布部分の1番下辺りが、従来品とは違ってアールやホームベースの形をしていると思って下さい。
後は当然ですが、これら3種類の他にも従来とは違うのぼり旗は存在しますが、その場合の制作は応相談という事が多いです。

ちなみに、お店にもよりますが袋加工をする事も可能であり、それにより
高級感を演出し、他社や従来品と差を付けるという様な営業戦略を考える事も出来ます。

レギュラーにジャンボ、メガタイプという事で他にも3種類程の旗が
存在していますので、場合によってはこれらの中に特定の個数だけ
アール型やホームベース型を入れておき、特定の商品や場所を
際立たせるといった使い方も悪くありません。

インパクトを与える為の基本事項とは?

変形のぼり旗とは、要約するとメジャーなアール型とホームベース型と逆山型の3種類も含めてですが、「長方形ではないのぼり旗全般でしたら、全て条件に該当している」と思って下さい。

ただ、基本の3種類に関しては、使った場合にどういう印象を見た人に与えるかはテンプレートとして
まとまっていたりもしますので、「インパクトを与えたい」という様な時にはしっかり押さえておいた方が賢明です。

印象が強いのぼり

その上でまず、アール型ですが、一般的な長方形タイプの製品は風が吹くとめくれてしまい、
何が書いてあるのか読めなくなるというデメリットが発生しやすくなります。

強度も風で流れている間に、どんどん傷んでしまうという難点がありますが、
アール型は見た目がスッキリしていて文字が読みやすく、
通行人の邪魔にならないという事で全てをカバー出来ます。

更には強度も、従来品よりも丈夫な事もポイントです。

続いて、ホームベース型(別名Vカット)は、シャープな印象でカッコいいイメージを他者に与えやすく、
特に先端部分が人の目を引きやすいという特徴があります。

上品さを強調したいならば、これを投入する戦術も悪くありません。

そして最後の逆山型(別名Aカット)は、リボンの端の様で
品格があり、可愛らしさで差別化を図りたい時に使うと
良い効果が見込めます。

以上の基本3種は、必ず受注前に確認しておく事をお勧めします。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です