お店に適合する文字を作成することが重要です

のぼり旗で宣伝を行うお店の場合、作成依頼をする前に
イメージを膨らませることが必要です。

レタリングを活用して発注する方法も可能なので、
グラフィックソフトを使える人材がいれば難しいことではありません。

デザインソフト

レタリングにおいては文字の形状は勿論のこと、
1つののぼり旗に対して文字の配列やサイズを調整しながら
作成する重要性があります。

パソコンのグラフィック関連のソフトを使うと
のぼり旗に印刷するデザインは簡単に作れますが、
1つのフォントを利用して文字だけを上から下へと
単調に作成することは避けた方が賢明です。

インパクトが重要視される宣伝用アイテムなので、
レタリングを含む文字配列を最適化することはかなり重要です。

のぼり旗を設置した際に、少しでも多くの方々の
目に留まるような文字配列を施すことにより、
宣伝効果を高めることに成功できます。

グラフィックソフトの場合、パソコンのソフトを駆使して
作成することになりますが、有名なグラフィックソフトを
お持ちではない場合は、フリーソフトでもロゴの作成に
特化したソフトが実在しているので、この手のソフトを
使いこなすことにより、お店に適合する画像データを
作成することは難しいことではありません。

全体のバランスや伝えたいことを明確にすることは重要

小売店から飲食店などではのぼり旗を利用して
お店の宣伝を行っていることは現在でも活用されている販売促進の要です。

お客さんを多く呼び込むためには、のぼり旗の出来栄えにより
大きく影響されるので、デザイン等に力を入れていない場合では
効果は期待できません。

効果的に機能するのぼり旗の作成には、書体や色の選択は非常に重要です。

書体に関しては明朝体など和風のスタイルから、
押しの強いゴシックタイプも使えます。

他にもクラシック的なフォント、丸みを帯びた可愛らしいフォントなど
自由自在に選べるので、事前に作成するデザインは売上を左右させる重要な課題です。

のぼりのフォントを選ぶ

のぼり旗の場合は小さな文字は読み取ることが難しいので、
大きな文字を1列で印刷をしていることは目立ちます。

フォントはフリーフォントとしてネット上で自由にダウンロードして
使えるものがあるので、パソコンに入れられているフォントでは
最適化できない場合は、フリーフォントを探せば思い通りのデザインに仕上げられます。

色の選択も重要になり、こちらはインパクトだけを期待するには
派手目なカラーリングで問題はありませんが、お店の業種により
大きく異なる部分はあり、お店全体のイメージを掴んだ上で
決めることが最適です。

外壁などに自然に溶け込むようなカラーリングは避けることも
必要なので、バランスを考慮することは最低限必要です。

お客さんへマスク着用の案内をするなら

新型コロナウイルスの感染を防止するためには、マスクはした方が良いです。
もちろん、手指消毒も大事ですし、ソーシャルディスタンスも大事ですが
飛沫感染を防ぐことを考える必要があります。

お店にお客さんが入店する際にはマスクをしてもらわないと
いけないのですが、それをどうやって伝えるべきかを考えてみませんか。

マスクの着用

店員が直接言うとなるとソーシャルディスタンスの問題もあるので、
他の方法にしましょう。

のぼり旗であれば、簡単にマスク着用の案内ができるのでとても便利です。
大きく書いておけば、よりわかりやすいはずです。

マスクのイラストや写真も掲載しておくことでより一層わかりやすくなります。
そうすれば、入店前にきちんとマスクをしておこうと意識してもらえるはずです。

店員を配置するのも良いですが、飛沫感染のことを考えると
できるだけ店員ではなくのぼり旗の力を借りた方が良いのかもしれません。

とても目立ちますし、これならかなり広範囲の人が見てくれます。

これがとても重要なことです。一本だけでも良いですし、
複数本作っておけばより一層広範囲の人が見ますので
何本製作すべきかまで考えた方が良いです。

感染を抑えるためにも活用しましょう。

大きいサイズでなくても十分効果的

店内にのぼり旗を置きたいことはありませんか。
お店の入り口にはあまり場所がないと言うことであれば、
大きいサイズにこだわる必要はありません。

確かに大きいサイズであれば、広範囲の人が見ますが
入店する人へ伝えたいことがあるのならば小さくても良いのではありませんか。

ミニサイズののぼり旗で呼びかけるのも良いかもしれません。
入り口のちょっとした場所に置いておくだけで良いので、
これなら店頭にあまり広い場所がなくても活用できます。

小さいと見てもらえないと思うかもしれませんが、目立つ内容にしたり
わかりやすい場所に置いておけば十分目立ちます。

むしろ、可愛いと思ってもらえるかもしれません。
のぼり旗は大きさも大事ですが、どこに置くのかや
内容によっても目立ちやすいかどうかが決まるので
大きくなくても構いません。

小さくてもお客さんが見て、マスクをしないといけないと思うのであれば十分です。

小さいですが、どのような内容にすべきかは
よく考えた方が良いです。

お店に溶け込みすぎず、お客さんに伝えたいことを
書いて伝えられるようにしましょう。

のぼり旗全般に言えることですが、ミニサイズで呼びかける時も
この点に気をつけてください。

ミニのぼりで呼びかける